結婚したら貯金合算を

結婚したら貯金はどうする

結婚の貯金を合算しよう

夫婦の貯金を合算することによって、結婚式のプランを立てるにあたり、大きなメリットを実感することができます。最近では、大手の式場のシミュレーションの内容にこだわりのあるカップルが目立っており、将来的な問題を防ぐために、信頼のおけるウェディングプランナーに相談を持ち掛けることが良いでしょう。また、結婚式のスケジュールの決め方については、素人にとって判断が難しいことが分かっています。そこで、いざという時に備えて、常日ごろから同じような立場の人々と意見交換をすることが欠かせないテーマとして挙げられます。

結婚をすると貯金を合算するの?

結婚をしても、貯金は合算をしないことのほうが多いと思われます。なぜなら、日本では夫婦別財産制がとられているからです。婚姻期間中は、夫婦は経済的一体となっていることが多いですが、もともとお互いが持っていた貯金については、それぞれが口座に保有することのほうが多いでしょう。離婚をするときには、財産を別々に分けることになりますので、お互いの資産を合算してしまっていると、再度分けなければならないので争いになることもあります。婚姻期間中の夫の給料などは、夫婦の協力で得られたものなので、共有口座に入れるというのもよいですが、結婚前にそれぞれが持っていた資産については、引き続きそれぞれが保有しておいたほうが争いになりにくいと思われます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 結婚前や後に必要な費用 All rights reserved