結婚にかかる費用

結婚のために貯金しよう

結婚にかかる費用について

将来の結婚資金を貯めている人も多いと思いますが、実際、費用はいくらかかり、貯金はどれくらいすればよいのでしょうか?資金が全額自己負担であったり、親からの援助がある場合など、人それぞれですが、250万円 くらいを目処に貯めておくのがよいと言われています。婚約・指輪代・結婚式・披露宴・新婚旅行や、その後の新生活準備資金、予備費など、一連の流れをスムーズに進めるためには、ある程度のまとまったお金が必要だからです。費用や貯金のことで、少しでも不安や疑問があれば、ブライダルカウンターに相談することをおすすめします。

結婚式の費用のために貯金を

結婚を控えて、挙式や披露宴のために貯金に励んでおられるカップルの方は、いくらくらいを目標にしていますか?2015年の全国平均データでは、結婚式や披露宴にかかった費用は、約350万円でした。これは、新婚旅行にかかった平均金額の約75万円や、新居の準備や引っ越しにかかった平均金額の約77万円と比べると、かなり大きな金額になっています。ただ、これはあくまでも全国平均のデータですから、例えば披露宴の費用を抑えてその分新生活に充てる方や、親からの援助でかなりの部分を賄う方もいらっしゃいます。「カップルで350万円貯金しなくちゃいけない。」というわけでは、ありませんので、どのようなことにどれくらいの金額を使うか、カップルでじっくりと話し合うことが、何よりも大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 結婚前や後に必要な費用 All rights reserved